これも観念(笑)

こんばんは。

 

父の法事のため、赴任中の中国から弟くんが一時帰国してくれました。

久しぶりに会いましたが、そこは身内、時間の壁は感じませんでしたね!

 

さて、先日のことです。

朝から携帯電話が見つからず、氣になりながらも約束があったので、夕方にはそのまま出かけました。

日中事務所で職員にかけてもらいましたが音がせず、事務所では確認できませんでした。マナーモードにしている時も多いので、これは困ったなと、テンション低いままお仕事いたしました。

 

明日までに見つからなかったら、とりあえず届けて、番号止めてもらわなくちゃと考えてもいました。

 

夜、次男くんが帰宅してからかけてもらったら、すぐそばで大きな音が聞こえました。なんと、本と本の間に挟まれていたのです!

 

で、ここから先は、独り心の中で思い巡らせたのですが、何で家の電話から自分でかけて探さなかったのかなあ〜、ということ。

今まで、友達が携帯を探すのに、別の友達の携帯からかけてもらうのを見ていたので、携帯を探すのは携帯からかけてもらう!という思い込みがあったようです。

 

笑い話のようですが、ホントに全く思いつかなかったのです(笑)

 

観念、恐るべし‼︎

 

職員や友達や家族、たくさんの方にご心配をおかけして、これも観念という学びを手に入れた出来事でした(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)